肥後すっぽんもろみのダイエット効果

肥後すっぽんもろみのダイエット効果がスゴイらしいですが、なぜダイエットに効果があるのでしょうか?それにはまず、なぜ年齢を重ねると痩せにくくなるのかを理解する必要があります。

加齢とともに基礎代謝が落ちる もうほとんどの方がご存じと思いますが、加齢とともに基礎代謝ががくっと落ちてしまいます。30代にもなると10代の約半分にまで落ち込むのでは、昔と同じように食べてしまうとエネルギーとして消費されずに脂肪として蓄積されてしまうのです。 基礎代謝とは何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に行われている活動で、内臓を動かしたり、体温を維持したりするのに必要なエネルギーのことです。

消費量は肝臓で27%、脳で19%、心臓で7%、腎臓で10%、筋肉で18%、その他で19%を占めるのですが、筋肉、内臓ともに、熱を生産するためにエネルギーを消費しています。基礎代謝の70%程度は体温維持(発熱)によって消費されています。



基礎代謝を上げるには 基礎代謝を上げるには、筋肉をつけるといいとよく言われますが、筋肉をつけることが直接基礎代謝を上げることにはつながらないという最近の研究もあるようです。 こんな情報が入ってくると正直どうしたらよいのか迷ってしまいますが、筋肉は脂肪を燃焼させる工場なので、もちろん筋肉が多ければ多いほど脂肪はもやせるんですよ。これは運動などをして活動したときに、筋肉量が多いとより多くの脂肪が燃やされるので、もちろん筋肉を適度につけていくというのはとても大切なことです。このことを活動代謝が増えるといいますが、基礎代謝とは分けて考えた方がよさそうです。

> 代謝を増やすなら肥後すっぽんもろみ

基礎代謝を上げる方法

基礎代謝を上げるには、基礎代謝の消費量が多い肝臓や内臓に注目しましょう。 内臓の機能を高めて活性化させることで基礎代謝を上げていけばよいのです。 では、どのように肝臓を中心に内臓機能を高めていき、基礎代謝を上げていけばよいのでしょうか?

基礎代謝を上げる食事方法
バランスよい食事をとる
低脂肪のたんぱく質を取り入れる
アルコールはなるべく避ける
冷たいもの、甘いものをとりすぎない。
よくかんで食べる

内臓の機能を高めるには、きちんと規則正しく内臓を働かせることも大事です。バランスのよい食事で身体かよろこぶものを摂り入れていくことです。

極端なダイエットの禁止
糖質制限ダイエットや低炭水化物ダイエットは、もともと糖尿病患者むけに治療目的で始められたメソッドなのですが、その過程で体重の減少がみられた例がクローズアップされてダイエット法にまで広がっていますが、このように極端に糖質を制限してしまうと肝臓をはじめ、腎臓など内臓に負担がかかてしまいます。あくまでバランスのよい食事を目指しましょう。

体温上昇をめざす
入浴 1日1度きちんと湯船につかって、あつすぎない温度で10分程度入浴する
スクワットやストレッチ 血流をよくすることは内臓を活性化させて基礎代謝を上げるのにとても重要です。心臓から送り出された血液は下半身に滞りがちです。ふくらはぎや太ももを動かして心臓に血液を戻す必要があるのです。
白湯を飲む 朝は1日の中で最も体温が低い状態です。ここで冷たい水を飲むんでしまうと体温が下がりすぎてしまいます。冷たい水ではなく温かい白湯を飲みましょう。夜寝る前にも白湯を飲むことで体が温まります。
身体を冷やさない工夫 女性に限らず冷えは大敵です。自覚がなくても末端はたいてい冷えているものです。身体を冷やさない外側からの工夫をしましょう。 体温が上がれば、エネルギーの消費量も増えるわけですから、基礎代謝量が上がる可能性があるということにつながるわけです。

▶まとめ
基礎代謝を上げるのに肥後すっぽんもろみが有効なのは、アミノ酸が肝臓のはたらきを助ける点、そして血液の循環にアミノ酸の一部(アルギニン)が血管拡張作用があり、基礎代謝をあげるのに有効だといわれています。 ある実験によればアミノ酸のサプリメントを摂取すると、30〜40分後には末梢血管の拡張によって血流が改善されて体温の上昇が実証されています。体温上昇は免疫力のアップにもつながるので、肥後すっぽんもろみを健康生活に役立てていただきたいですね。

筋肉が増えれば活動代謝もあがりダイエットにつながる

筋肉は脂肪を燃焼させる工場です。筋肉が多ければ多いほど脂肪はもやせますから、同じ有酸素運動を行ったとしても、筋肉量が多いとより多くの脂肪が燃やされるので、効率のよいダイエットにつながります。 筋肉をつける運動にしても、有酸素運動で脂肪を燃やしていく運動にしても、アミノ酸は運動時に深く関わる栄養素です。

活動代謝を上げる方法
肥後すっぽんもろみを運動と組み合わせると、どんないいことがあるのでしょうか?

筋肉をつける時に
筋肉をつけるといっても、中高年になるとダンベルを持ち上げたり、いわゆる筋トレは難しいですよね。だからと言って、何もしないのでは筋力は衰える一方です。 そこでおすすめしたいのは身体のなかの大きな筋肉を鍛えることです。 これには脚の大きな筋肉を鍛えていきましょう。 「もも上げ」や「スクワット」などの動作で鍛えることができますから、家の中でちょっとした隙間時間に無理のない範囲でいいですから続けてみましょう。 脚の筋肉が衰えると歩く時に脚がしっかり上がらず、転倒しやすくなりますから、無理のない筋トレを続けることでそのようなリスクを減らしましょう。

有酸素運動時に
脂肪を燃やすには酸素を取り入れながら運動することが大事です。 代表的なものにはウォーキングやジョギング、エアロビクス、水泳などがあげられます。 最近は山登りを趣味にする方や自転車を楽しむ方も多いですね。 自分に合っていて、楽しみながら取り入れる事ができる運動がベストです。 毎日お散歩するのもコースを変えながらだと、脳の活性化にもつながりますよ。 有酸素運動は脂肪の燃焼もさることながら、心・肺機能が改善するばかりでなく、糖尿病や心疾患などの予防にも役立ちます。健康であり続けるためにも、毎日の生活に取り入れていきたいものです。

▶まとめ
トレーニングをすると多少の筋肉の破壊が起こります。アミノ酸は破壊された筋肉の材料として使われますから、肥後すっぽんもろみをとることで筋肉の効率良い増強が期待できます。 有酸素運動を行うと脂肪燃焼がおこりますが、この脂肪の燃焼をを助けるのにアミノ酸が有効です。肥後すっぽんもろみをとることで効率よく脂肪が燃焼されることが期待できます。

> 脂肪を燃やすなら肥後すっぽんもろみ

肥後すっぽんもろみの飲み方

運動とセットで肥後すっぽんもろみを摂り入れるとダイエット効果が期待できることが分かりました。ではどのタイミングで肥後すっぽんもろみを飲むのがよいのでしょうか? せかっく取り入れるなら、効果を最大限に引き出す飲み方をしたいですよね。

運動前に肥後すっぽんもろみを摂るとき

運動前に肥後すっぽんもろみを摂り入れることでアミノ酸が有酸素運動の時に効率よく脂肪を分解させる働きをねらう。 具体的には運動を始める30分くらい前、なるべく空腹時に摂取するのが効果的です。 また、日頃からビタミンB群を摂ることでアミノ酸の働きが促進されます。より脂肪が燃焼されやすくなりますから覚えておきたいですね。

運動後に肥後すっぽんもろみを摂るとき
アミノ酸が運動で破壊された筋肉を修復させる事をねらう。 具体的には運動後30分以内に摂取するのが効果的です。 この30分以内でというのが重要で、筋肉は失った栄養を取り戻すために運動後30分間アミノ酸をとりこむ穴を開きます。この間にアミノ酸を摂りこむと筋肉にアミノ酸が補給されるため筋肉量が増えるのです。時間がたつと筋肉への吸収も低下しますから、なるべく早めにアミノ酸を摂りこむことです。

一般的にサプリメントを摂るとき
せっかくサプリを利用するのなら効果的に飲みたいものですが、その為にはサプリの飲み方に気を配る事が大切です。 サプリの飲み方のポイントはいくつかありますが、まずは食後を狙って飲む事が大切と言えます。 サプリを効果的に利用する為には体内にしっかりと吸収させる必要がありますが、食事の後に飲むようにした方が食べ物と一緒に吸収されるようになりますので、それによって効果的な飲み方にする事ができます。 もし、空腹状態で飲んでしまうと胃に刺激になってしまう事もありますので注意が必要です。 飲み方のポイントとして、できるだけ水で飲むという事も大切です。 お薬を飲む際には飲料水に気を配る方も少なくありませんが、サプリも同様に気を配る事が大切です。 サプリによってはジュースなどで飲んでしまうと効果を相殺してしまう事もありますので、基本的には水をチョイスした方が安心です。 以上のように飲み方に気を配れば効果を損ねずに済みます。

▶まとめ
運動前に摂り入れる事も、運動後に摂り入れる事も、一般的に食後に摂り入れる事もどれも一理ある方法ですから、ご自身がどのように肥後すっぽんもろみを活かしていきたいか、を確認していただく一助になればと思います。

> 脂肪を分解するなら肥後すっぽんもろみ

↑ PAGE TOP