肥後すっぽんもろみについて知っておきたいQ&A

肥後すっぽんもろみの成分も確認しましたが、ダイエットサプリメントにありがちな、消化吸収を阻害するようなタイプ、食欲を低下させるようなタイプでもありません。

含まれているのは天然成分が中心で、唯一、乳化剤に関しても一般の食品にも普通に使われているグルセリン脂肪酸エステルですから、身体に不調をきたす副作用はまず考えにくいと思われます。

原材料を確認の上、自分に合わないアレルギー物質がないかどうかは確認しておきましょう。 そして、飲み方ですが、1日1粒を目安に飲むという容量が決まっていますので、ここはきちんと守って飲みましょう。

又、空腹時に飲むのか、食後に飲むのかによっては胃腸に負担になる場合もあるかもしれません。ご自身に合った飲み方を見つけましょう。

> 肥後すっぽんもろみの公式サイト

肥後すっぽんもろみは妊娠中に飲んでも大丈夫?

肥後すっぽんもろみはサプリメントですから薬とは違って基本的に妊婦さんに害がおよぶような成分は入っていません。

妊娠中にもぜひ取り入れたい成分も多く含んでいます。がしかし、気をつけたいのが過剰摂取です。 妊娠中、特に初期に積極的に摂取した方がいい栄養素は「葉酸」ですよね。

また、ビタミンB6もつわりが緩和される栄養素として知られています。またビタミンB6は妊娠中のトラブルの定番であるむくみにも効果があると言われます。 ただし、このビタミンB6は過剰摂取すると、神経障害(しびれ)・光過敏症・シュウ酸腎臓結石などの症状が出る事があるそうです。

肥後すっぽんもろみにもビタミンB6の成分は含まれていますので、おそらくそのほかにも摂り入れている「葉酸」とプラスになると知らないうちに過剰摂取になることも懸念されます。 妊娠中は積極的に良い栄養素を摂り入れたいところですが、用法容量をきちんと守ることはもちろん、やはり医師に相談してから服用するのがおすすめです。

> 肥後すっぽんもろみの公式サイト

肥後すっぽんもろみは授乳中に飲んでも大丈夫?

肥後すっぽんもろみは、天然成分で作られていますので、授乳中でも問題なく飲めます。
授乳中は特にいろいろな栄養を必要としますので、栄養補給にも効果的でしょう。

ただし、先ほども述べましたが気をつけたいのが過剰摂取です。身体に負担がかかるほど、極端にかたよった栄養をとってはいけませんから、普段ご自身が口にしているもの、特に他のサプリメントとの飲み合わせには注意が必要です。

ご心配な方はかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

↑ PAGE TOP